糸・布

デザイン大好き!日本大好き!情熱と愛が溢れるデザイナー&モデル~広島の楽しい100人・チャーリーローズさん~

あなたには情熱を注げるものはありますか?それは壁にぶつかっても努力して乗り越えたいと思えるものですか?

広島には子供の頃からデザインが好きで、情熱を持ち続けて目標に向かって努力している素敵な女性がいます。
先日行われたトークライブイベント広島の楽しい100人の中から、アメリカ出身でデザイナーやモデルとして活躍しているチャーリーローズさんをご紹介します。

※この記事は「広島の楽しい100人」の内容を書き起こし&再編集したものです。

広島の楽しい100人

日本に行ってデザイナーになる!

(司会者)

洋服のデザイナー・チャーリーローズさんはアメリカオレゴン州出身、小さい頃からファッションに興味を持ち、大学でもアパレルを専攻。在学中から様々な賞を受賞されている新星デザイナーであり、モデルでもあります。
2013年広島県熊野町のALTとして来日。教鞭を執るかたわら、服飾の勉強も続けておられます。ご自身のブランドの名前はLoveLove By Charlie Rose
今日はラブリーなチャーリーさんがファッションについてのLOVEを、なんと日本語でスピーチしてくれます。チャーリーローズさん、どうぞよろしくお願い致します。

(拍手)

広島の楽しい100人

皆さんこんにちは。今夜は来て頂きありがとうございます。私の名前はチャーリーローズです。初めまして。よろしくお願いします。

私の人生にとってデザインは最も大切で情熱を注いでいるものです。何をしている時もデザインは私の心から離れません。お母さんが小さい私に二つ紙でできた人形を作ってくれた時が、初めてデザインを知った瞬間でした。その時から私はデザインに取り憑かれてしまいました。

裕福ではない家に生まれたので、自分で学費をまかないながら大学に行きました。卒業後はデザインの分野での就職は難しく、別の仕事を考えるようになりました。それが日本に来ることでした。

15歳くらいから日本のファッションが好きになったので、自分のデザイナーとしてのキャリアを始めるなら日本しかないという思いからでした。「100万円貯めて日本に行くんだ!」という強い気持ちを持って一日中働いていました。

広島の楽しい100人

日本に来てウェディングドレスデザインショップ・RuByの久良友美先生の下で学ばせて頂き、自分のブランドLoveLove By Charlie Roseを始めました。モットーはファンキーでフレッシュで前向きな気持ちになる洋服を提供すること、そして、自分の体の気に入っている部分を引き立てて強調しつつ、自信のない部分はさり気なく隠す服を制作すること、社会の枠を超えて心地良い洋服を作ることです。

デザイナーとして洋服は、身につけてどこでも持ち運べるようなアートで、身につけている人は周りも共有して明るくすることができると思っています。

SNSのおかげで私のクリエイティブ・プロセスやデザインを通して、最新の作品などをみんなが見てくれるようになりました。作品ができるとネットショップにアップするようにしています。見て下さいね。

私のコレクション制作は社会の境界線を超え、健康的でポジティブな姿を活かすものから始まっています。

しっかり目標を決めること。夢が沸かないなら目を見開いておくこと。

一番最近のコレクション「I live you, babydoll」を紹介します。
ここはお誕生パーティーの会場、待っても待ってもパーティーの主役は現れません。だからプレゼントのお人形達はラッピングボックスを抜けだして、誕生日の子供を探しに行く事にしました。

私はこのコレクションで、面白い色使いのトップスとボトムスを使って体の線と着心地を追求する事と、人形の個性を表現しました。際立たせるものも、隠すものも違います。それが私が取り組みたいデザインなのです。

次のコレクションのタイトルは「My Closet’s Your Closet.」です。
このコレクションの着想は、実際の愛の手紙です。性別なんて関係のない愛の関係がこのコレクションのテーマです。ご紹介します。

最愛のあなたへ、いつも私の味方でいてくれてありがとう。
私が孤独な時、傷ついている時、いつもあなたは抱きしめて「大丈夫だよ」って言ってくれた。
あなたは私の全て「ベイビー愛してる」こんな言葉しか浮かばないのが悔しいくらい心から愛してる。
ご機嫌が悪かったり、何でもはしてあげれないけど、知っておいて欲しいことがあるの。
あなたの映画をもう一度見るためならなんだってする。
どんな事があってもベイビー、あなたに知っておいて欲しいのは、“私のクローゼットはあなたのクローゼット”ということ。

このコレクションがほんのちょっとだけ社会の境界線を壊すことになっているなら嬉しいです。

12月にデザインしたのは「Alice in Wonderland」にインスパイアされながらも、ちょっとひねりを利かせたものです。
毎日の暮らしの中で私達は、日常のいろいろなことに囚われてうさぎの穴に落ちてしまっている感じです。でも愛さえあればなんだって元通りになるものです。
だから今年こそ心に決めて下さい。このクリスマスこそ、本当のお家に戻ろうと。私はこのドレスを母・Tonia Roseに捧げます。

広島の楽しい100人
広島の楽しい100人

子供の頃私は負け犬だといじめられていました。でも自分を変えようと思ってからは、体の中からいつも力が満ちてきます。これから失敗もあるかもしれない。でもそんなのなんだ!って言うのでしょう。

もしも他のアーティストにアドバイスするとしたら、こう言います。

とにかくしっかりフォーカスを絞り目標を決めること。夢が沸かないなら目を見開いておくこと。誰にでも超えなくてはいけないものがあります。だから“遅寝早起き”して努力してそれを乗り越えていきましょう。

ありがとうございました。

(拍手)

チャーリーローズさんのインタビュー記事はこちらから。
【インタビュー】デザインが好き、ファッションが好き、日本が好き!デザイナー・モデル チャーリー・ローズさんインタビュー

youtube動画

スピーチ原稿翻訳 築島 渉

~参照~
LoveLove By Charlie Rose
広島の楽しい100人
広島の楽しい100人(youtubeチャンネル)

↓「面白かった!役に立った!応援したい!」という方は、シェアやリツイートをお願いします! ↓


【情報提供募集中】
TECREではモノづくりに関する新商品やイベントなど、企業や団体、クリエイター様からの情報を随時受け付けております。お気軽にご連絡下さい。【情報提供・取材依頼】
Return Top