未分類

【広島・デザイン】良いDESIGNに必要なLOGIC、SENSE、LOVEとは?~ものづくり新論 田子学氏・レポート~

先日、広島県で行われた「広島イノベーショントーク~ものづくり新論~」に参加しました。

ゲストも豪華でエムテドの田子学さん、FabCafeの林千晶さんです。
今回は田子学さんのお話『デザインマネジメントと未来』についてのまとめです。

広島イノベーション-田子学

田子 學(たご まなぶ)
株式会社エムテド 代表取締役
東芝デザインセンターにて,家電・情報機器デザイン開発を担当。
退社後,リアル・フリートのデザインマネジメント責任者を経て,
2008年に新たな領域の開拓を試みるべくエムテドを起業。
iF PRODUCT DESIGN AWARD 2013 (GOLD)など国内外で数々のデザイン賞を受賞し,
初の執筆書籍『デザインマネジメント』(日経BP社)を7月に発売。

広島イノベーション-田子学

田子さんの考える「デザインとは?」

・昔は色や形をつくることがデザインと捉えてきた。
今は形だけでなく「コト」まで作るのがデザイン。
又、Design(デザイン)を単体のものとして捉えるのではなく、
Brand(ブランド)やSystem(システム)と一緒に集団として捉える。

例えば郵便受けメーカーナスタがAmazonや日本郵便とコラボして制作した郵便受け。
今までサイズが大きくて入らなかったメール便を、受け口を広くする事で入る様にし、
再配達のロスを解消した。
郵便受けを流通のシステムを考慮しデザインする事で、
再配達が不要になり届けるスピードもアップ、人件費の削減、ユーザーにとっても嬉しいというメリットが得られる。

広島イノベーション-田子学

amadanaの事例

・家電ベンチャーのamadana
2008年に発売した携帯電話は出荷台数No1を獲得するなど、デザイン性の高い家電で高い評価を得る。

・amadanaがデザインした15000円のリモコンに欲しい人が殺到。
安くて便利が当たり前の人が多いけど、高くてもデザイン性があるモノが欲しいというニーズもある。

・通常、難しくて分厚い説明書に遊び心を入れる。
広島イノベーション-田子学

・発想の秘訣は「入り口を変えてみる」。
他の所がやっているからではなく、自分たちがこうしたい、誰もやっていない事をやる。

木は水や火に弱いというのが一般的。
amadanaでは水や火に強い木を使った冷蔵庫を作った。

広島イノベーション-田子学

器の再定義に挑戦した「OSORO」

食器メーカーNARUMIが新しい器とてリリースしたブランドOSORO
開発に田子さんが関わり、様々なデザイン賞を受賞しています。

・新しい世代、新しい生活に良い器を提供するにはどうすれば良いか?
という問題に対して、まずは現状のリサーチがから始める。
若いが使う食器は、無印良品やIKEA、100円ショップのものが多い事がわかった。

・豊かな生活をするためにも、良い物に触れる習慣を提供する必要がある。
NARUMIの食器は陶器でありながら工業製品並の精度で作られており、品質が高い。

・ラップ代わりのフタを作る事も考えた。
ラップは通常一度使って捨てるもの。
日常では何も違和感が無いが、10万世代で年間1トンのゴミになる。
そこで、器を変えるだけで、社会がキレイになる事もデザインで解決する。

・OSOROを発表すると世界のデザイン賞を総ナメに。
古い企業を変えたこと、古い商材にイノベーションを起こした事が評価された。

広島イノベーション-田子学

広島イノベーション-田子学

良いDESIGNに必要なLOGIC、SENSE、LOVEとは?

・LOGICとSENSEがあればものづくりはできるが、クオリティーが高いものを作る為にはLOVE(=情熱)が必要。
(日本のものづくりには昔から情熱がある。)

・LOGIC+LOVEは大手がやっているものづくり。
SENSE+LOVEはアーティスティックなものづくりになる。

・LOGIC、SENSE、LOVEのバランスを取る事で、良いものづくり(=DESIGN)が生まれる。

広島イノベーション-田子学

最後にOSOROのPVをどうぞ。

~参考~
エムテド
FabCafe
ナスタ
郵便受け事例:http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_75933/
amadana
OSORO

↓「面白かった!役に立った!応援したい!」という方は、シェアやリツイートをお願いします! ↓


【情報提供募集中】
TECREではモノづくりに関する新商品やイベントなど、企業や団体、クリエイター様からの情報を随時受け付けております。お気軽にご連絡下さい。【情報提供・取材依頼】
Return Top