糸・布

ファッション界の異端児~独自の世界観を持ったファッションクリエイター ワタナベ カズエ~

ワタナベカズエ

ひときわ異彩を放つ、独自の世界観を持ったファッションクリエイター ワタナベ カズエさん。

今や、広島市内の有名デパートなど数社にて、年に数回の展示会をこなし、ネットでの販売はもとより、アーティストの衣装制作など、多忙を極める彼女に、インタビューを申し出たのが、2015年の年末のこと。

ライターとしてはフリーランスの無名の私の申し出に、すぐさま「いいですよ」と快く承諾してくださった彼女に、気さくで、そして飾らない人の良さが見える。広島市内の某ホテルのロビーラウンジで待ち合わせをし、時間ぴったりに現れた彼女は、どこか人並み外れた、独特のオーラがあった。何度かMailのやりとりをさせていただいていたが、お会いするのはこの日が初めて。彼女は私の想像を裏切らなかった。

彼女の作る服には、人並み外れたというか、独特の世界観があるように感じる。私が初めて彼女の服を眼にしたのは、SNSにその写真が載ったのが初めてであったが、すぐさま虜になった。それを実証するのが、私の家の衣裳部屋だ。そこには、彼女が作った服がもう何着だろう、相当な数にのぼる。

ワタナベカズエ

ワタナベカズエ

ワタナベカズエ

そんな私と同じように、彼女の作る服に虜になったという、ファンが多い。彼女でないと作れない服。一度着ると、必ずリピーターになるとも言われるワタナベカズエのつくる服。

ワタナベカズエ

Q:お洋服を作られるようになったのは、いつごろからですか?

A:小さいころから、お洋服を作っていた気がします。最初は、バービー人形の服とかでした。私の母は裁縫が得意でしたので、その影響もあったのかもしれません。小学校6年の時、初めて自分のスカートを作りました。それが、きちんと作ったお洋服としては、初めてでした。

Q:では、小さいころから、今の職業、洋服を作る仕事に就きたいと思われていたのですか?

A:それは全くなかったですね。だから、普通に短大を卒業して、数年間OLをしていました。

Q:それは、初耳です。では、全く違う仕事に就きながら、いつぐらいから、洋服を作る仕事へと興味が湧いたのでしょう?

A:洋服を作るのは、好きで、OLをしながら、習い事でお洋服を作るお教室に通っていました。そんなOLとして仕事をしている中で、やっぱりお洋服の道に進みたいと言う気持ちが出てきて、ある日、勤めていた会社を退職し、専門学校に入りました。洋服を作る仕事に就くとなると、やっぱり専門学校出てないといけないというのがあったので、思い切って、専門学校に入学しました。

遠回りのようで、必要であったOL時代の5年間

短大を卒業して、就職。洋服を作る会社ではなく、一般企業のOLとしての5年間勤務。傍から見ると、学校を卒業し、企業へ就職という、順調な進路に見えるが、彼女は、その頃のことを、「自分で洋服を作れるようになりたい」と強く思うようになったのがこの5年間だったと話してくれた。

彼女は、このOL時代の5年間のことを、自分にとって必要な期間であったとも言う。「この5年間で、私は、社会人としてのマナー、接遇的なもの、社会の流れなどを教わりました、また接客という意味では今も同じで、私にとっては必要な5年間でした」と。

今の彼女の姿を見ると、誰もが羨むクリエイターにしか見えない。けれども、これまでの過程は、決して順風満帆だったわけではなく、このOL時代の5年間に、彼女の葛藤や転機、そして彼女の人としての成長が見えた気がした。

Q:それでは、いつぐらいから、洋服を作る仕事で私はやっていくのだということを確信したのでしょうか?また、そんなきっかけとなる出来事がありましたら、お聞かせいただけますか?

A:専門学校で2年勉強したのち、卒業してすぐさま「グループ展」を開きました。その「グループ展」をした時、自分が生み出したもので、喜んでくれる人がいる、会社勤めの時には味わえなかった、満足感を得ました。

そして、こうやって、自分の生み出したもので、収入を得ることが出来る満足感もありました。それは、今までに味わったことのない感情でした。それは、自分が生み出したものを評価していただけたと言う満足感でもあったのだろうと思います。

また、忘れてはならないのが、的場町にあります「bien sur」というお店の存在です。「bien sur」で、初めて私のお洋服を置かせてもらいました。そこで、いろんなお客様と知り合いました。今の私があることにも、大きく関わっていると思います。

Q:それらが今の原動力ともなっているのですね。
そして、今、ネット販売なども、行われていますが、ネット販売や百貨店で行われる展示会などでは、 「chainus 」として、Bagのヤマグチさんとお二人で活動されていますよね?そのあたりの経緯と、「chainus」の名前の由来なども教えていただけますか?

A:ヤマグチとは、2006年から共にやってきました。彼女が私の作った洋服を眼にして、それでコンタクトをくれたのが最初でした。お互いの生地の好みが似ていることから意気投合し、共に活動を始めました。その経緯の中で、2014年から「chainus 」 というブランドが誕生し、今に至ると言った感じです。

「chainus」は、strange.girlsとA.Laboという2人のクリエイターから生まれたブランド、つまりstrange.girlsが私で、A.Laboがヤマグチになります。この「chainus」のコンセプトは、私たちが制作した作品が、皆様の日々のお洒落の中でいろいろと連鎖し、装いの楽しさを感じていただきたい、人もココロもファッションもすべて連鎖する世界です。

「chainus」の名前の由来は、「chain」は【連鎖】∔us【私たち】です。ファッションを通しての連鎖と、このものづくりの仕事を通して生まれた出会いのつながり。このつながりを私たちは、もっとも大切にしていきたいという思いで、「chainus」と付けました。

「chainus」の相方、ヤマグチさんの作品。「chainus」では、バッグやポーチを中心に制作。ワタナベさんの洋服と同じテイストを感じさせる。お2人のクリエイターで展開する、見事なコンビネーションのブランド、「chainus」。

ワタナベカズエ

ワタナベカズエ

東京進出への経緯について。

Q:今回のインタビューで、私が最も聞いてみたかったことなのですが、東京に拠点を移されましたよね、正直、広島から離れられるのは、ファンとしては寂しかったですが、その拠点を東京に移そうと決心をされたきっかけなどはありますか?それとも、いずれ東京で活動したいと言う思いがあったのでしょうか?

A:東京には実際、出張で今までも定期的に行ってはいたのですが、東京で展示会をしてみたいと言うのは、ずっとありまたね。展示会は広島拠点でも可能かもしれませんが、移り住むことによって繋がる縁や仕事もあるのではないかと思ったので、やっぱり行こう!と決めました。

Q:東京に拠点を移されていかがですか?広島にいたときとの違いなどありますか?

A:東京にいると、やはり見たいものが見られると言うか、クリエイティブな世界だったり、展示会だったり、生地をみたりもそうですが、毎日刺激的ではあります。ただ、基本はあまりかわりません。広島のお客様からは、今でも沢山のオーダーをいただいていますし、今は、便利な世の中ですので、距離感をあまり感じないです。

Q:現在は、横浜に住居を移されて、関東でご活躍ですが、今のお仕事のメインは、アーティストの衣装制作でしょうか?

A:アーティストさんの衣装制作ももちろん行っておりますが、オーダー品も広島に拠点があったころと変わらずいただいておりますので、衣装制作がメインというわけではありません。

ワタナベカズエ
△玉城ちはる

ワタナベカズエ
△玉城ちはる

ワタナベカズエ

Q:これからの東京でのご活躍も楽しみにしております。
それと、私は、クリエイターの皆さんにお聞きするようにしていますが、ご自身の愛用品、これは自分と切っても切り離せないものだという品をおしえていただきたいのですが、ご紹介いただけますか?

A:私にとっては、これです。「目打ち」と言います。
「目打ち」は、ミシンで縫う際に、指で押さえにくい細かい箇所を、この「目打ち」の先が固定してくれたり、縫い合わせた角を引っ張り出してくれたり、縫い合わせた生地を傷めずに解いてくれたり、様々な作業の中で必要なアイテムです。

つまり、自分の指先では対応できない細かい箇所を、「目打ち」が補ってくれると言った感じで、私の6本目の指と言っても過言ではない、私には無くてはならないものなのです。

ワタナベカズエ

Q:大事な品をありがとうございます。この「目打ち」を使いながら、あのお洋服たちが生み出されていると思うと、何だか感慨深いです。

このTECREをご覧の読者の方々へ、ワタナベさんからメッセージをお願いいたします。

A:私は東京に拠点を移して、もうすぐで1年になりますが、移ってみてよかったなと思っています。ファッションクリエイターとして活動し始めたのも、最初からこのように進めたわけではなく、最初も申しましたが、全く畑違いのところからのスタートでした。それでも、東京進出も含め、考えすぎて今までできなかったことも、実際に行動に移したことで、何とか動いていけるものだと、実感しております。もちろん、お客様や周りの方の支えあってこそなのですが。

新しいことを始めることによってリスクを伴うこともありますし、それぞれ置かれている環境も違います。なので、すべての方に私の思いが当てはまるかわかりませんが、もし、私がお伝えできることがあるとするならば、燻ってる思いがあるのなら動いてみること。そこにはまた違うものが見えてくるかもしれないということです。考えすぎて動けなかった私も、年齢にとらわれず行動に移してみて良かったと、今、実感しています。

先日、他愛もない話ですが、70歳のおばあちゃんが、「インスタを始めました」というのをどこかで読んだんです。あっ、自分もこんなおばあちゃんでいたいなと思ったんです。何だか、かっこいいですよね。そんなおばあちゃん。私は、いつでも、自分が「現役」だと思っていれば、その人は「現役」であると思っています。

Q:ワタナベさんの気になる今後への展望もお聞かせいただけたらと思います。

A:今後も、やりたいことは実際沢山あります。自分のお店を持ちたいと言うのもやっぱりあります。どんなお店かというと、自分の作ったお洋服に、この靴に、このバックを合わせて・・など、トータルコーディネイトが出来るお店を持ちたいと言うのは、ずっとあります。その他にも、沢山やりたいことがあるんですが、定年がないお仕事ですから、身体が動く限りは、いつまでも女性であることを忘れず、そして、年齢、体型にとらわれず、洋服を楽しんでもらえる、そんなご提案を続けていきたいと思っています。

広島市内の百貨店で行われる「chainus」の展示会。その数は、1年で数回にも及ぶ。

ワタナベカズエ

この展示会はオープン前に列をなすほどだ。

広島が生んだ、人気ファッションクリエイター、ワタナベ カズエ。今後の動向が気になる1人である。

ワタナベカズエ

ファッションクリエイター ワタナベカズエ
1点物を中心に、アトリエにて、デザインから縫製まで、すべてを手掛けて作品を制作。
広島県出身。横浜市在住。広島の有名百貨店にて、自ら制作する1点物の洋服を中心に、展示会を年に数回こなしながら、ネット販売では、chainusとしての活動、アーティストの衣装制作をしながら、オーダー品の制作も続けている。
Blog
chainus online shop

写真提供:ワタナベカズエ

この記事を書いた人

Mayumi Kinoshitaライター
島根県松江市出身。幼少期から作文が得意でライターを志すようになる。結婚後広島へ移住し、ウェブサイトや雑誌などでフリーライターとして活動する。現在、カラーやお花のお教室を主宰する傍ら、ライターとしても活動を続けている。Facebook/HP/Blog
↓「面白かった!役に立った!応援したい!」という方は、シェアやリツイートをお願いします! ↓


【情報提供募集中】
TECREではモノづくりに関する新商品やイベントなど、企業や団体、クリエイター様からの情報を随時受け付けております。お気軽にご連絡下さい。【情報提供・取材依頼】
Return Top